BLOGブログ

Domaniメイツ合田雅美の花と体が資本です

検診での発見

2016/10/27

秋も深まり、私は1週間に1回の検診になってます。

image



今日も行ってきました。

検診の内容は、体重測定、腹囲等の測定、エコーなどです。

病院の先生がツンデレで(大人にはツンで赤ちゃんにはデレ)特に妊婦の体重管理に厳しくて有名な方で。少しでも(先生が考える)許容範囲より増えようものなら夫がいるにも関わらず容赦無く「食べ過ぎ!」と乙女が悲しむ物言いをするので、いつも緊張感があります。

でも胎児のエコーのときは急にニコニコとなり可愛いでしょーなどと優しくまるで自分の子のように言ってくるので、こちらの気分はジェットコースター。罪な先生です。


今日は先週の血液検査の結果が出てました。

貧血なので鉄剤を飲もうと言われました。

あとは、コレステロールと中性脂肪が高くなってるけど、妊娠による影響だから心配しないでと。

私はコレステロールと中性脂肪についてはこれまでかなりの優等生だったのですが、妊娠って体をすっかり変えてしまうのですね。ちゃんと元に戻るのかな?


妊娠すると検診のためにこんなに沢山病院に行かなきゃいけなくて、待ち時間も大抵ものすごく長いし(私が行ったいくつかの病院はどれもいつも数時間待ちました)、こんなことがあるとは知りませんでした。

世の中のお母さんたちって誰も何にも文句言ってなくて、気付かず…お母さん方は偉いなぁってこれだけでも思いました。とはいえ、もっとシステム化することで待ち時間の短縮ができるといいですね。


夫は検診には最初から必ず付いて来てくれています。とってもありがたいです。

つわりがひどい時は介抱してくれて、待ち時間も確認してきてくれて、ずっと荷物も持ってくれるし(これは妊娠に関わらずですが…)、お会計もしてくれて薬も取ってきてくれます。体調が思うようにならず悲しんでると(文句を言うと)ウンウンと聞いてくれます笑。

絶対安静が続いた私は近くに頼れる身内が居ないので、どれだけ助けられたことか…。


最近はもうすぐ出産ということで、気分も更に高まっているよう。

今日も病院にいる赤ちゃんが目の前を通るたびに目をキラキラさせて可愛い!!えー!!と喜んでました。

私は弟と妹、従兄弟の赤ちゃんの時を見てるので、そうそうこれこれ、という感じでリアクション薄いのが申し訳ないです。

赤ちゃんを目で追い終わった夫が、

「でもさ、産まれてくるまで実感ないよね。ねー。今まで会ったことない人だもんね。あー、抱っこしたら最初はこの子があたしの子なの?なんて思っちゃうかなぁ!?」

と赤ちゃんを抱っこする真似をしながら言ってきました。

なので、

「うん、やっぱり親子といえども関係は産まれて来てからできていくものみたいだよ。私の友達も最初は違和感あったって子も何人もいるよ。」

と答えたものの、

彼の発言の中で一人称が『あたし』になっている所が気になりました。

ねえ、一人称があたしになってるけど大丈夫?と尋ねると、

「えっ…えっ…違うよ…。雅美ちゃんの気持ちを代弁してるんだ…よ。」

と言ってたけど、本当かな?
なんか文脈として変じゃない?

愛が溢れでた結果として自称まで変わったのなら嬉しいし(男性にも母親のような気持ちがうまれても全く変じゃないどころか素敵です)、全く別で、単に隠していた地が出産というイベントを前に不意に出たのかもしれません。

と、いうことで今日は夫に関する思わぬ発見もあった検診でした。

来週の検診でも胎児と自身の状態はもちろん、彼の様子も慎重に観察したいと思います。

image





Domani11月号 ヘア特集2

2016/10/21

image



















なんとも気の抜けたbefore写真。

===


今回御世話になったbroocHさんは8月下旬にサロンを移転。表参道のMax&Co.さんのビルに入ってます。表参道ヒルズのすぐそば、駅近。


ハイヒールのレディにもおばあさんにもおじいさんにも妊婦にもとっても楽。



サロンに一歩入ると「ここはどこの素敵なリゾート地だ?」


全面ガラス張りの窓は視界を遮るものがなくて遠くまで空が抜けていて、眼下には表参道の街路樹の緑。木目がふんだんに使われた室内には、ドウダンツツジが大きく活けられていて。


ナチュラルでオシャレでとっても気分がいいです。


「ここが表参道って忘れちゃいますね。」と言ったら、「そうなんです、皆さんびっくりしていただいて笑」と。


オオバコでもないし、スペースもゆったり作られてて、他のお客さんと鏡を前にして横に並ぶこともないから緊張しない。大人もリラックスできる素敵なサロンです。


==

broocHさんで感動したのは、技術の高さはもちろん「優しさ」「気遣い」。11月号のテーマと似てます笑。


今回かなりバッサリ切ったんですが、誌面だとそこまで長さの違いはわからないかも。

本当はもっともっと、高島彩さんくらい短くしようかなと思ったりしてました。


特集的にも「え!」というくらい切ったほうが見栄えもするし、担当のbroocHさんとしても絶対いいんです。お声がけいただいたからには、私もやっぱりいいものにしたい。


また、私は出産までつわりが続くパターンのようで(時々いるみたい。メイツの長尾優子さん、高校・大学の親友もそうだったらしい)、最近ようやく少しマシになったものの撮影した9月はまだ一日中吐き気が強くて。ロングを洗うのも乾かすのも本当に本当に辛かったっていうのもありました(蒸気と姿勢が殺人的)。


ただ、その一方でショート歴も実は長いので、切るとお手入れをマメにしないといけないのもわかっていて不安で。


妊娠中は体調の予測もつかないので今後サロンに必ず行けるとも限らない。出産後はなおさら。真季ちゃんのブログで学んだ産後ガルガル期がもしあれば、髪をお手入れできないことでも余計気が立ってガルガルどころですまないのでは・・。


普段とは違ういろんな気持ちを抱えて仕込み(撮影前にヘアを形にしておくためにサロンに行くこと)に伺うと、担当くださった矢部壮大さんが「もしかして・・妊娠されて・・ます??」。


2ヶ月後に出産予定、切りたいけど少し心配で・・と正直に言うと、


僕もたくさんの人を見てきたけど、出産後はまず、髪質がすごく変わる可能性が高い、そしてどう変わるかはなってみないとわからない。

生活も一変して、しばらくは自分に時間をかけるのも難しくなる。

今無理に短くしなくても(リスクを取らなくても)いいんじゃないかな、余裕がないときでもささっと結んで綺麗に見えるようにしたいよね。


って簡単に結んだ時に様になる長さをすすめてくださった泣

それで今回ボブ~ロブ特集ですが、私はキモチ長めなんです。


私ごときの髪型とはいえ、やっぱりプロのお仕事。もっと切りたい、大胆に変えたいという気持ちは当然あったと思う。こちらの都合を一番に考えてくださって・・・すっごく有り難かった。本当にうれしかったです。


「(本当は優しい人間なのに外見のせいで)クールに見られるので、優しく見せて欲しいです」

とあつかましくお願いをしたところ、


前髪を作ったり、レイヤーを大胆に入れて変化をつけよう、と。

長さもそれでも随分短くなるし、レイヤーで軽くなるし、トリートメントをしたら、お手入れも楽になるから大丈夫だよ、前髪も結んだ時にアクセントになるよって。


仕上がりはもちろん大満足!

イメージも激変しました。

先のエントリのように夫も喜んでますし、妹も「いいね」と。


私の個人的な意見ですが、矢部さんのカットの特徴は、サロンと同様、洗練されたナチュラルさだと思います。


HPのお写真では「明るく楽しい方?」(⇦本当すみません)という感じに見えますが、実物は背がスラーっと高くてシュッとしたイケメン。ぜひギャップも見に行ってください。


サロンのスタッフさんも、お若いのにとてもさりげなく細やかな気遣いをしてくださる方ばかり。プライベートでも絶対来よう!と誓ったのでした。


長さが短くなったのはもちろんトリートメント効果もあって、すごくお手入れが楽になりました。
毎日半泣きで髪を洗って乾かしていたのが嘘みたい。結んだ時も動きがあっていい感じ。


気分も変わって本当に本当に大感謝です。


===


撮影でも、皆さん体調をさりげなく気遣ってくださいました。
今回の撮影はここ。

スタジオアンダンデ
http://andantetokyo.com 
(周囲には超有名人のお家も幾つかあったりする場所のようです。 )


私はお腹が張りやすい(子宮が収縮しちゃう、あまりに頻繁だと早産を引き起こす可能性があり入院する人もいる。)体質で、医師からの指示で薬をずっと飲んでいるため、副作用でものすごく動悸がして、手が震えて、冷や汗が出ます。でも飲むのは中止できないんです。


ネイルを塗ってもらった時にも副作用で手がすごく震えてしまって「ごめんなさい・・」となっても「いいですよ~!」と笑顔のヘアメイク川嵜瞳さん。


ひざ掛けいりますか?寒くないですか?と気にしてくださるbroocHアシスタントの篠原さん。


スタイリスト城長さくらさんは、お腹に負担のないふわふわのピンクベージュのニットワンピースをご用意くださいました。いつになくラブリーな私・・。



自然光のお部屋でスツールに座って撮影してしていたから、体勢辛くないですか?ときにしてくださったカメラマン中田陽子さん。

撮影時に横について話しかけてくれてリラックスさせてくださった矢部さん。 
写真はアップですが、広い室内に一人座って、自然光で遠くから撮っているのでなんだか不思議な感覚だったのと、久しぶりの撮影と体の感覚が変わって落ち着かなかったのでありがたかった・・。 


妊婦はお腹がすくのだから帰る前にケータリング沢山食べてくださいと言ってくださったライター斎藤さん笑。今回のアレンジ、ありがとうございました。


編集部の永川さんは「元気な赤ちゃん産んでくださいね!」と笑顔で励ましてくださいました。

仕上がりもとても柔らかくて、嬉しいです。
個人的には、弟とそっくりでびっくりしました。


==

もし無事に出産できて、子供が成長したら「この時お腹の中にいたのよ~、みんなに優しくしてもらったのよ~、素敵な写真でしょ。」って見せたいな、って思います。


「ふ~ん・・。どうでもいいけどさ、普段と別人すぎるでしょ。」とかって言われるような気がするものの、一生の記念です。


broocHさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


そして、もし誌面を見てくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます。

東京近郊にお住まいでしたら、機会があれば是非broocHさん行ってみてください。

すごく上手だし、有名サロンでホッとできるところって少ないので、すごくいいですよ。


Domani11月号 ヘア特集

2016/10/18

こんにちは。
今日はお天気ですね。

さて、今発売中のDomani11月号のヘア特集に参加させていただいています。
洋服も秋冬物に変わってくるこのシーズン、髪型も変えたくなりますよね。

2016-10-01-02-10-52

特集トップで、高島彩さんがロングヘアをバッサリと大人ボブにされています。 とっても可愛いです。
秋冬は襟元にボリュームがある洋服も多いので、ショートも一段と映えますよね。

ちなみに今回の高島彩さんのメイクは、メイツ達の王子、二法田サトシさんということをクレジットで発見!見逃しません!笑


私は表参道のヘアサロン「broocH」の矢部壮大さんにカットしてもらっています。
image

ワンレン・バスト下くらいのロングから20センチほどカットしてレイヤーの入った少し長めのロブにして、前髪も作って優しい雰囲気にしていただきました。
前髪部分にはデジパで少しカールをつけて、より柔らかく見えるよう仕上げてもらっています。

前髪を作ったのは3年ぶりくらいかな?

家に戻ると、夫が「前髪あるのもいいな〜。髪型いいな〜。」と、とても喜んでくれました。
特に前髪は印象が随分変わったようで、いつものワンレンもいいけど、優しく愛らしく見える!と。

ニコニコしている夫を見ていると「私は性格に難ありなのだから、せめて髪型だけでも可愛らしくしておくのは今後の結婚生活にとって大事かもしれないなあ・・」とぼんやり思った初秋の日でした。

次のエントリーで、仕込みのこと、broocHさんのこと、撮影のことをもう少し書きますね!

Max&Co.さんのエントリーの不自然な写真は、この号が発売される前だったので、髪型を隠しておきたかったからなんです笑。 

PROFILE

合田雅美

1979年4月2日生まれ、A型
【職業】会社員
【趣味】読書、ランニング、登山、料理
【特技】華道、推理、昆虫の名前当て

RECENT ENTRY

ARCHIVE

月別アーカイブ

SEARCH

記事検索
小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。