BLOGブログ

Domaniメイツ合田雅美の花と体が資本です

ロンドンでオペラ座の怪人をみる

2017/08/24

オペラ座の怪人はロンドンではみないと決めてたのに、ミコノスから戻ってポスターを見た途端

行きたい

と口走り、予約してもらいました。

ニューヨークのブロードウエイのものがすごく良かったので、発祥の地とはいえやめておこうと思ったけれど、行ってしまった。

image


ドキドキしながらはじまりを待ち、ついに幕が開いた…

あれ?クリスティーヌ、めっちゃ背が大きくないかい?怪人とかラウルとノーヒールでほぼ身長同じで、しかも2人より顔が大きくて腕っぷし強そう…。

オペラ座の怪人のクリスティーヌは可憐な乙女のイメージなので、ちょっと違う…けど歌はめっちゃ上手くて美声だわ…。

とにかくクリスティーヌが大きくて、ラウルに守ってもらうもいうより守ってあげる感じだし、怪人に対してもそう。連れていかれるというより、連れていってる。

ニューヨークの怪人は1人スラリと背が高く、それだけで圧倒的に見栄えがしたので、舞台とかになるとやはり見た目は大きい…。

ずっとクリスティーヌが気になってしまったのですが、最期の怪人の泣きの演技が素晴らしく、奴が全部持っていきました。終わりよければ全て良し。会場は全員スタンディングオベーション。特に男性が泣いてたんですが、私も涙が出ました。

ロンドンの怪人は気持ち悪くて、悲しい。ニューヨークの怪人は、カッコよくて悲しい!!!

感想としては、

役者さんの総合的な実力はロンドンの方がありそう、歌唱力抜群

ロンドンの方が真面目な感じ

ニューヨークの方が舞台が大きくて衣装にも華がある

怪人の格好良さはニューヨーク

怪人の変態具合はロンドンの勝ち

そうですね…はじめて見るならニューヨークでしょうか。

夫には途中で、

ロンドンちょっと…

と言っていたのですが、

最期は演技がすごかった!!

と言ったので、良かったよ〜途中であんまりな感想だったから心配してたんだよーとほっとしていました。

ちなみにロンドンは劇場が小さく、私は舞台すぐの席で、例のシャンデリアのほぼ真下。観客の頭上すぐまで落下してくるのは見応えありました。有名なシャンデリアが落ちる場面で、あートイレトイレ…とか立ち上がったら私が本当に怪人の犠牲者になってしまうところでした。犠牲になるならニューヨークの怪人にやられたい。

PROFILE

合田雅美

1979年4月2日生まれ、A型
【職業】会社員
【趣味】読書、ランニング、登山、料理
【特技】華道、推理、昆虫の名前当て

RECENT ENTRY

ARCHIVE

月別アーカイブ

SEARCH

記事検索
小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。